コンテンツ

初挑戦!モデリングマイクで音を収録してみた!

こんにちは!

岡本仁志です!

 

皆さん、モデリングマイクをご存知でしょうか?

何となくマイクのことだと想像がつくかと思いますが、イマイチぴんと来ないですよね。

実際には、以下のようになります。

モデリングマイクとは!
特殊なプラグインを使うことで、過去の名機と言われるマイクと同じ質感で録音することが可能になる、最新鋭のマイクロフォン

 


●それは厄災の形をして突然やってきた・・・

そもそも、何故、モデリングマイクを購入しようという気になったのか。

そこには、不幸な出来事がありました。

 

ある朝、いつも通りにオーディオインターフェースの電源を入れる岡本。

ここまでは、ごくありふれた日常でした。

しかし、違ったのは、オーディオインターフェースの反応が全くないこと。

 

あれ?

昨日までは、普通に動いていたのに何故?

 

色々と試してみましたが、全く動かず・・・。

そして、間の悪いことに、その日は〆が一件・・・。

とりあえず、予備のオーディオIFを引っ張り出し、何とか乗り切りました・・・。

 

胃が痛かったぜ!

 


●新オーディオインターフェース導入!

元々、新しいオーディオインターフェースを導入を考えてはいました。

狙っていたのは、Antelope社のZen Tour Synergy Core。

お値段、何と26万!

※商品のWeb Page はこちら

 

さすがに、サクッと買えるほどの値段ではなく、何時までも踏ん切り付かずでした。

しかし、さすがに追い詰められた人間は強いですね。

これだけ高額の機材の購入に、全く躊躇しませんでした(笑)。

 


●オーディオIFにモデリングマイクが付いてきた

ここで、ようやくモデリングマイクの話が出てきます。

なんと、購入時は、IFを買うとマイクとDAWがタダで付いてくるというキャンペーン期間中でした!

付いてきたのは、Edge Solo というモデリングマイクとBitwig Studio というDAW。

↓は、Edge Solo。

 

※商品のWeb Page はこちら

 

↓は、Bitwig Studio。

 

どちらも5万円ほどするので、トータルで10万円お得という夢のようなキャンペーン期間でした。

※現在、キャンペーンは終了しています。

 


とまあ、私がモデリングマイクを手に入れたのは、全くの偶然でしたが、せっかくなので使いこなしてみます!

そして、具体的にどのような音が収録できたかは、次回以降に!

やはり、Youtube での動画がよさそうなので、きっちり作り込みます!!

お楽しみに!!

 

<<追伸>>

実践投入で、効果音収録にZen Tour とEdge Solo を使っての感想。

マイクプリはノーマル設定です。

結果、収録した効果音にノイズが少ないことに感動!

買ってよかった!

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。