コンテンツ

Vol.11 サウンドクリエイターになるための進学先は大学か?専門か? ~その1~

学生さんが、

『ゲームのサウンドクリエイターになりたい!』

と思った時に悩むのが、進学先でしょう。

 

サウンドクリエイターになるには、専門的なことを数多く学ぶ必要があります。

そして、それらは普通の学校のカリキュラムにはありません。

 

独学でやるとしても、間違いを指摘してくれる人がいないため、

正しい勉強をしているかがわからないこともあります。

 

そのため、進学先として、音大や音楽の専門学校、

または、ゲーム専門学校のサウンドクリエイター科を検討する人もいるでしょう。

 

では、実際に、

『どこに進学すれば』

『ゲームのサウンドクリエイターになれるのか?』

ということについて、解説していきましょう。

 


●本題に入る前に岡本の経歴を説明します

私の場合、普通の大学卒業後、ゲーム系専門学校のサウンドコースに入学。

そこから新卒として、ゲーム会社に就職しました。

 

また、現在、フリーランスとして、

専門学校の非常勤講師としても仕事をしております。

大学と専門、生徒と教員の経験を活かし、

バランスよく両者のメリット・デメリットを見ていきたいと思います。

 

●サウンドクリエイターになるために一番大切なこと

皆さん、何だと思いますか?

 

才能?

運?

環境?

 

上記ももちろん大事ですが、

まずは、音楽が好きな事と、

好きというエネルギーを行動に変える力を持つ事です。

 

あ・・・。

二つになりましたね(笑)。

 

それはともかく、

要は、やる気と行動力があるか?ということですね。

それを念頭に、読んで頂ければと思います。

 

●大学のメリットとデメリット

以下になります。

~大学のメリット~

①大卒という学歴が手に入る

サウンドクリエイターの場合、

大卒、音大卒、専門卒など色々な方がいらっしゃいます。

 

つまり、サウンドクリエイターとしてゲーム会社に就職する場合、

学歴はそれほど重要視されないわけです。

 

極端な話、ヘボい曲を提出してきた旧帝大卒と、

プロもびっくりの曲を提出してきた専門卒だと、

後者が有利になります。

 

では、何故、学歴の話に触れているのか?

 

いきなりネガティブな話で恐縮なのですが、

『作曲や効果音制作に飽きた』

とか、

『サウンドクリエイターになるのをあきらめた』

といったような、進路変更する時に役に立つからです。

 

人間、興味の対象はよく変わるもので、

私の周りでも、進路変更した人はいました。

そういった時、

『大卒という資格が一般企業に就職するのに役立つ』

ということになります。

 

②4年間の自由な時間が手に入る

ストレートで大学入学だと、18歳。

その世代に人にとって、4年間という時間は、

今まで生きてきた時間の2割に相当します。

この時間を好きな事に注力できるのは大きいですね。

 

というわけで、大いに勉強に励みましょう!

 

③音楽以外の視野を広げられる

↓に書きましたが、

ゲームにしか興味がない志望者は、なかなか採用に至りません。

Vol.9 サウンドクリエイターの就職活動 ~その3~

大学には価値観の違う人が集まるので、

彼らと触れ合い、自分の見聞を広げるのは大事です。

どんどん交流しましょう!

 

~大学のデメリット~

①独学で技術を勉強する必要がある

音大ならともかく、一般大学となると、

全て自分で勉強する必要があります。

 

また、音大にしても、

全ての講義がゲームサウンドに関係するかというと、

そうでないものもあります(スポーツの授業とか)。

 

②設備は自己負担

専門学校はサウンド制作のためのPC、DAW、音源など、

現場レベルの機材が用意されてあり、

それを使って技術習得が可能です。

 

一方、普通の大学には、

そういった機材がないため、

自己負担で用意する必要があります。

 

ある程度のものを作るには、30~40万ほどのお金が必要でしょう。

 

ここで、

『スマホで作ればいいじゃん!』

と思った方。

 

コンテンツを享受するだけなら、

全く問題ないのですが、

『プロ』として、

コンテンツを供給する立場になりたいなら、

PCでの制作環境は必須です。

 

最近のスマホは確かにハイスペックですが、

それでもPCよりは低く、

また、画面が小さい、

サウンド制作アプリが少ないなど、

制作環境は劣悪です。

 

『お金がない!』

ではなく、バイトするなりでお金を稼ぎ、制作機材を揃えるのです。

 

③就職情報が少ない

大手企業の情報収集は苦労しないと思いますが、

表立って求人情報を出していない会社は難しいと思います。

 

ただ、ネットやSNSを駆使すれば、

ある程度集められるので、

ここは本人次第とも言えます。

 

・・・と、長くなったのでまとめると、↓になります。

大学進学のメリット・デメリット
●メリット
① 大卒という学歴が手に入る
② 4年間の自由な時間が手に入る
③ 音楽以外の視野が広がる

●デメリット
①独学で技術を勉強する必要がある
②設備は自己投資
③就職情報

 

●専門学校のメリットとデメリット

以下になります。

~専門学校のメリット~

①専門教育を受けられる

大学と違い、専門技術を習得するのが専門学校の目的です。

そのため、作曲理論やDAWの使い方、

効果音の作り方など、

専門的な授業が多数用意されています。

 

ゲーム会社への就職を『目的』とすれば、

そこに行くための効率的な道のりや、

必要な知識、道具の使い方など、

『就職するための手段』

を教えてくれる場所です。

 

②設備が整っている

専門技術を習得するには、設備も必要です。

大手の専門学校だと、

プロ顔負けのレコーディングスタジオがあるなど、非常に充実しています。

 

③講師がプロのクリエイター

独学だと、自分の作った曲の客観的評価がわかりません。

その点、プロのサウンドクリエイターから、

直接フィードバックがもらえるのは、

専門学校の大きなメリットとなります。

 

④就職情報が豊富

専門学校は独自のコネがあるので、

情報が集まりやすいです。

 

私も、非常勤講師の仕事をして、

『この会社にサウンド部門があって、新卒を募集している』

ということを知ったケースがありました。

 

~専門学校のデメリット~

①別の分野に進みたくなった時、進路変更が容易ではない

大学の箇所でも書きましたが、

サウンドクリエイターを諦め、

進路変更をする人はいます。

 

一般教養を中心に学ぶ大学は、

進路変更しても応用が利きますが、

サウンドしか勉強しない専門学校は、

『潰し』

がききません。

 

そして、専門学校に入学しても、

何らかの理由で進路変更する人はいるのです。

 

②周りにゲーム好きが多いため、視野が狭くなりがち

同じ志を持つ仲間は貴重です。

また、社会人になっても、

気軽に話せる存在は本当に貴重です。

 

しかし、志が同じ場合、

思考や嗜好などが似通ってしまうため、

視野が狭くなり、

未知の分野の情報が入ってこない可能性があります。

 

なので、学外の友人とも定期的に交流するなど、

同級生以外の人との縁も大切にしましょう!

 

③通う年数が短い

サウンド系の場合、2年制のコースが多く、

そのため、早ければ1年目の終盤から、

就職活動をすることになります。

 

就職活動まで3年の猶予がある大学と、

ここが大きな違いです。

 

長くなったのでまとめると、↓になります。

専門学校進学のメリット・デメリット
●メリット
① 専門教育を受けられる
② 設備が揃っている
③ 講師がプロのクリエイター
④ 就職情報が豊富

●デメリット
① 別の分野に進みたくなった時、進路変更が容易ではない
② 周りにゲーム好きが多いため、視野が狭くなりがち
③ 通う年数が短い

 


如何だったでしょうか?

自身の経験を元に、

大学と専門学校の特色をまとめてみました。

 

しかし!

 

進路に迷う人が欲しい情報は、

『どちらに進学すればサウンドクリエイターになれるの?』

だと思います。

 

ただ、サウンドクリエイターになりたい高校生と、

大卒後に会社に就職したけど、

サウンドクリエイターの夢を諦めきれない社会人では、

取るべき戦略は違ってきます。

 

そこで、次回は、様々なパターンを想定し、

取るべき戦略を探ってみたいと思います。

お楽しみに!

 


過去記事は↓にリンクをまとめてあります。

是非、ご覧下さい!

サウンドクリエイターへの道

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。