コンテンツ

Vol.10 サウンドクリエイターの就職活動 ~その4~

基本的なことは、Vol.7~9 にまとめてありますので、

今回は、サウンドクリエイターとして、

就職活動時に役立つ細かいTipsをまとめた内容となります。

是非、ご活用下さい!

 


①模擬面接を行い、聞かれる内容を想定する

ゲーム会社に限らずですが、

面接では絶対に想定外の質問が飛んできます。

 

就職課のスタッフ、ご両親や親戚、社会人の先輩など、

周りの人に面接官になってもらっての模擬面接が有効です。

そこでどのような質問があったかを蓄積し、答えを準備しておきましょう。

 


②面接ではウソをつかないこと

必要以上に自分を大きく見せるのは避けましょう。

面接中にばれたら評価下がるし、

入社後にばれたらもっと悲惨。

 

精々、7の実力を8か、8.5くらいまで背伸びするくらい。

4の実力を7~8まで偽るのは絶対にやめましょう。

 


③一緒に仕事をしたいと思わせる

面接官は、もし、応募者が入社した場合に、

『一緒に仕事をしたいか』

ということも考えているので、

一緒に仕事したいと思われることも重要です。

 

では、どのようにすればよいのか?

これは、『自分がどんな人と一緒に仕事をしたいか』を考えれば、

ある程度、見えてくるのではないでしょうか。

 

ただし、人間、合う合わないはあります。

『面接で落ちた = 人格を否定された』

と思い込まないでくださいね。

 


④政治、宗教、プロ野球の話はしない

よく言われる言葉ですね。

人間、自分の好きな事やポリシーを相手に否定されると、嫌な気分になります。

政治、宗教、プロ野球はその傾向が強いです。

面接官がお年を召された方でしたら、尚更ですね。

なので、少なくとも自分から話のネタにしないようにしましょう。

 

なお、余談ではありますが、

日本の学校教育では、議論やディベートはほぼなく、

我々は、討論することに慣れていません。

 

そのため、

『意見を否定された=人格を否定された』

と思い込んでしまう傾向があります。

 

なので、面接はもちろん、

会社の会議などで発言する時は、

余計な敵を作らないためにも、

↑を思い出してみて下さい。

 


⑤提出作品を作り込む

サウンドデザイナー向けになってしまうのですが、一言。

新卒での応募者の場合、MA作品を提出される方が多いと思います。

 

MAを提出することは全く問題ないのですが、

動作やエフェクトに対し、効果音の数が少ないケースが多いです。

そこで、以下の勉強法をおススメします。

 


如何だったでしょうか?

今回は、知っておけば役に立つTipsをまとめてみました。

是非、ご活用下さい!!

 


過去記事は↓にリンクをまとめてあります。

是非、ご覧下さい!

サウンドクリエイターへの道

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。