コンテンツ

Vol.7 サウンドクリエイターの就職活動 ~その1~

前回までは、ゲーム業界やゲーム会社、

そして、そこで働くクリエイターの方達の説明でしたが、

今回は、どうやってその業界で働くのか?

もっとストレートに言えば、

『ゲーム会社に就職するにはどうすればよいか』

の話となります。

 

基本的には、サウンドクリエイターの話ですが、

面接対策はほかの職種でも使えるようにしています。

 


●まずは応募する職種を決定?!

私がゲーム会社に新卒で入社した時は、今から20年ほど前でした。

当時は、今ほど分業は進んでおらず、

1人のサウンドクリエイターが作曲と効果音を担当することも多く、

私もその一人でした。

 

また、新卒を募集する段階では、

コンポーザーとサウンドデザイナーが別の会社はそれほどありませんでした。

 

しかし、現在は状況が変わってきて、大手のゲーム会社を中心に、

コンポーザーとサウンドデザイナーを別に募集する会社が増えました。

 

そのため、皆さんが入社したい会社が別々で募集していた場合、

腹を括って、どちらかに決める必要があります。

 

また、そういったゲーム会社の場合、

『ゲーム会社にサウンドクリエイターとして就職できるなら何でもよい』

ではなく、

『自分が何をやりたいか』

を明確にしたほうがよいでしょう。

 


●サウンドクリエイターの就職先

ハードメーカーや大手のパブリッシャーが中心になります。

 

理由として、サウンドクリエイターの作業は、

プロジェクト終盤に集中するため、

プロジェクトの数がそれほど多くないゲーム会社の場合、

その会社の全プロジェクトの進捗状況によっては、

『サウンドクリエイターの仕事がない』

という期間が発生する可能性があります。

 

・・・と、言葉だけだとわかりにくいので、進捗状況を図にしてみました。

 

架空の会社の2016~2020年の開発スケジュールです。

横軸は年度と月になります。

A~Hという各ゲーム開発プロジェクト(Proj)があり、

それぞれを1年半かけて開発し、

2017年7月から3タイトルを並行して開発しています。

 

そして、サウンドの制作期間はプロジェクト後半の4ヵ月間とすると、

3タイトル並行で開発しても、

サウンドクリエイターは1年のうち4ヵ月が暇となります。

 

実際、ここまで綺麗にスケジュールが進むわけではなく、

また、上記以外にサウンドクリエイターの作業が発生する時はあります。

 

それでも、サウンドクリエイターの仕事がない期間が発生するので、

サウンドクリエイターを社員として常時雇用するよりは、

『必要な時に制作会社やフリーランスに発注する』

というゲーム会社はあります。

 

他の職種は、ほぼ全てのゲーム会社が志望者に門戸を開いていますが、

サウンドクリエイターは上記の理由で、門戸が圧倒的に狭くなっています。

募集以前に、サウンドクリエイターがいる会社自体が少ないのです。

 

ただし、その代わりに、音楽制作会社という会社があり、

こちらの会社はサウンドクリエイターを募集しています。

 

有名タイトルを多数手がけている音楽制作会社もあり、

また、多くのゲーム会社から仕事を請けているため、

様々なタイトルに関われるチャンスがあります。

幅広いゲーム会社のタイトルに関わりたいという人は、

音楽制作会社がおススメです。

 


●就職の流れ

それでは、実際に就職の流れを見ていきましょう。

まずは、『求人があるかどうか』ですね!

社内にサウンドクリエイターがいる会社でも、

必ずしもサウンドクリエイターを募集しているわけではありません。

 

そのため、求人情報を確認する必要がありますますが、

おススメは、リクナビなどの就活サイトに登録することですね。

就活サイトのメリット
①個人で調べるより、求人情報がより多く集まってくる!
②求人情報だけでなく会社情報や先輩情報もゲットできる!
③応募も就活サイト経由なので、まとめて応募が可能!
④利用が無料!
⑤表に出てない求人情報も教えてもらえる(中途採用の場合)!

 

また、就活サイト以外にも、会社のweb の求人ページや、

Twitter などのSNS で募集の告知があるケースもあります。

特に音楽制作会社はその傾向が強いので、

週一回チェック日を設けるなどして、

求人情報を逃さないようにしましょう!

 


まずは、求人情報の見つけ方までまとめました。

次回は、履歴書や作品提出、面接について!

↓より、記事が読めますので、是非!

Vol.8 サウンドクリエイターの就職活動 ~その2~

 


過去記事は↓にリンクをまとめてあります。

是非、ご覧下さい!

サウンドクリエイターへの道

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。