コンテンツ

Vol.5 ゲームのサウンドに関わる人たち

今回は、ゲームを作る人たちの中でも、

『ゲームのサウンド制作に関わってくる』

人たちに絞って、話を進めていきます。

サウンドクリエイターになりたいという方には必見となりますので、是非、ご覧下さい!

 


●ゲームのサウンドに関わる人たち

ゲームのサウンドクリエイター
①サウンドディレクター
②コンポーザー
③サウンドデザイナー
④サウンドインプリメンター
⑤サウンドプログラマー

主にインハウスクリエイター(ゲーム会社所属の正社員)として、

上記の職種がゲームのサウンド制作にメインとして関わります。

それぞれ、説明していきましょう!

 

①サウンドディレクター

そのプロジェクトのサウンドに関する品質や進行管理を行います。

つまり、サウンド部門のトップということですね。

普通の会社でいうと、課長に当たります。

 

プロジェクトのサウンドの方向性を決めたり、

サウンドクリエイターが作ったデータのチェックをしたり、

他部署と折衝したり等々、データを作るというよりは、

プロジェクトの進行役のほうが近いですね。

 

また、皆さんがゲーム会社にサウンドクリエイターとして就職した場合、

このサウンドディレクターが直属の上司となる可能性が高いので、

出来れば、仲良くしましょう(笑)。

 

②コンポーザー

ゲームに必要な楽曲を制作するサウンドクリエイターです。

サウンドディレクターが周りとの折衝が多い仕事に対し、

コンポーザーは、自分の内面と向き合いながら、

ひたすら曲を作ることになります。

 

ゲームの内容は忘れてしまったけど、曲だけは覚えていることがあるように、

楽曲はゲームを印象付ける大事な要素です。

そのため、コンポーザーの役割は非常に大きいのです。

 

②サウンドデザイナー

『サウンドデザイナーって何??』

と思った方もいるでしょう。

サウンドデザイナーとは、『効果音』を作るサウンドクリエイターです。

私もサウンドデザイナーですね。

 

効果音はあらゆるシーンで使われます。

そのため、コンポーザーと違い、他職種との折衝と意思疎通が大切で、

フットワークの軽さも重要になってきます。

 

また、サウンド”デザイナー”となっているように

サウンドをデザインすることも重要になってきます。

サウンドデザインについて書き始めると長くなってしまうので、

別の機会に記事にしたいと思います。

 

④サウンドインプリメンター

割と最近出てきた言葉ですね。

何をやっているかというと、サウンドデータの実装となります。

 

・・・。

 

これだけだと、まだわかりにくいと思うので、一例を。

例えば、3Dのゲームだと、フィールドにいたら環境音が再生されます。

風の音とか、川の音とか、滝の音とか、鳥の鳴き声とかですね。

 

色々ありますが、全てのフィールドで上記の環境音が鳴っているわけではありません。

鳥のいないフィールドもありますからね。

なので、どこでどの環境音が鳴っているかを、

特殊なツールを使ってゲームに反映させる必要があります。

その作業を担当するのが、『サウンドインプリメンター』です。

 

以前はサウンドデザイナーが兼任していましたが、

プロジェクトの規模が大きくなってきて、

実装まで手が回らないケースが出てきたため、

実装専門のスタッフがアサインされるようになりました。

 

なお、規模が小さいゲームでは、

サウンドインプリメンターは、サウンドデザイナーが兼任することになります。

 

⑤サウンドプログラマー

Wwise などのミドルウェアをゲームにインテグレート(統合)したり、

そのゲームに必要なサウンド機能を作る『プログラマー』です。

 

これは、カプコンさんの↓の記事がわかりやすいので、

興味がある方は、こちらからご覧下さい!

 

なお、サウンドのプログラミングを専門としている人もいれば、

普通のプログラマが兼任するケースもあり、

プロジェクトの規模が大きかったり、独自のサウンドシステムが必要な場合、

本職のサウンドプログラマーが担当しますが、

そうでない場合、普通のプログラマーが担当することがあります。

 


●上記以外で、ゲームのサウンド制作に関わる人たち

①ミュージシャン

基本的には、ゲームの楽曲はDTM(打ち込み)で作りますが、

全部、もしくは一部を実際の楽器に差し替えるケースがあります。

その場合は、プロのミュージシャンに依頼し、

レコーディングをすることになります。

 

②レコーディングエンジニア

ミュージシャンに依頼する場合、

レコーディングする時は、エンジニアさんが担当します。

ただ、最近はコロナの影響もあり、宅録も増えてきましたね。

 

③声優

わざわざ説明する必要はないですね(笑)。

なお、声の収録にサウンドクリエイターが立ち会うケースもあるので、

運が良ければ、好きな声優に会えるかもしれませんよ!

 

④音響監督

声優さんの収録を仕切る方です。

収録にはディレクターなどのゲーム会社の社員が立ち会うのが基本なのですが、

規模の大きいプロジェクトだと、収録期間も長期にわたるため、

彼らが立ち会えないケースが出てきます。

そのため、収録の現場を仕切る音響監督が重要になります。

 


如何だったでしょうか?

上記以外にも、サウンド関連で関わる方は多く、

サウンドクリエイターになった場合、

それぞれの専門分野のプロたちと付き合っていく必要があります。

 

臆することはありませんが、

基本的な礼儀や一般知識、コミュニケーション能力などは、

今のうちから鍛えておきましょう!

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。